スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐伯慎亮展「挨拶」@FUKUGAN GALLERY

アメ村にあるFUKUGANGALLERYで現在開催中の佐伯慎亮展「挨拶」に行ってきた。
関連イベントとしてライブやトークショウ(聞手:辺口芳典)もあったようだ。

以下トークショウ時のメモをもとに。

***

・辺口氏との出会いは“キムタクのおかん”のトークショウ!?キムタクのおかんはたいした人らしい

・縦で撮る:一瞬、決定的瞬間をおさめたい。横で撮ると情報が多くなる。一枚で完結するために縦で撮ることが多い。(もちろん一概にはいえないけれど)

・インドとバイク:今回の写真集、展覧会の核。学生の時に行ったインドでの写真と数年後大阪で撮ったバイクの写真。そのバイクを見た瞬間(撮る前)に自分はこれを探していたんだと思った。
「インドで思ったことは日本では感じられないけれど、思い出せばいい。」
「普段の生活と地続きの場所に“死の現場”はある。それをもっと知ってほしい。当たり前のことでありたい。」
それ以降、今までの写真はこの二枚の為に撮ったようなもの。当時から10数年、今回の写真集出版(それでも3年越しの計画)でやりたいことがやっとできた。

・インドの火葬:インドでの体験。川辺での火葬。体から液体が出てくる。なかなか燃えつきない。最後にはそれを川に流す。そのときの感動。日本では高温で一気に焼くので、後も非常にキレイ。しかしその間の過程が隠されてしまっている。

・嫁と子供:結婚、出産の時期にちょうど写真が変わった。そのせいなのか、そうでないのか。(一瞬/決定的瞬間写真→今??)

・おばあちゃんとペンペンズ:この2枚の写真は非常に大切な写真。おばあちゃんが危篤で駆けつけようと思った矢先、大事にはいたらないという知らせ。その後ペンペンズのライブへ。カッターで自らを傷つける光景。必死に生をもがく2人の姿が重なる。その後のライブは最高だった。

・「平平平平」(ヒラダイラヘイペイ):インドとバイクの後にまとめたもの。コラージュ作品、素材は主に人の写真。flatであること。

・ライブハウスに行けば大概のことは解決すると信じている。

・影響を受けたもの:ベアーズ、JOJO広重、オシリペンペンズ、ティルマンスなど。

・写真家の岡田敦氏は大阪芸術大学の同期。卒展で知り合った。岡田氏の「2人は同じものを撮っていると思う」という言葉。

・今回の展示のプリントは写真家のEricとの共同作業。世界一の速度で仕上げた。フィルムの劣化をEricの(すごい)技術でカバー。

・すべてを出し尽くした。もう何も出てこない。今は人が撮りたい。

***

町口景氏のデザインで赤々舎から写真集が出版されている。

挨拶挨拶
(2009/10/15)
佐伯慎亮

商品詳細を見る
スポンサーサイト
    

プロフィール

t.isd

Author:t.isd

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。